×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]
どら猫マッピーのホリディー♪ 桂

かつら

桂は深山の巨木。
山地の渓流沿いなど水辺を好みます。
天を突くように真っ直ぐと伸びます。
水の豊かな土地に爽やかな空気を湛えています。
秋、黄色くなった落ち葉は、しょうゆの匂いがするそうです。

古くは、楓香(ふうこう) と呼ばれていて、「香木」と考えられていたのです。

かつら

丸い気持ちよい感触の葉は日光が強いと赤く紅葉しています。
葉一枚一枚はスベスベとして睡蓮のように水を弾きます。

自生地の温度環境 現在のところ、日本の海岸線から高山帯まで、北海道北端から琉球列島南端までの広い範囲の温度の季節変化に関するデータは極めて不足レでいます。
ことに、標高の変化に対応する温度データは極めてすくないのです。
生態学では、植物地理、分布を論ずる場合、温度状態を示すものとして温量指数(暖かさの指数)という一種の積算温度指数が用いられます。
(注)温度指数とは、月平均気温が5℃以上の月について、5℃を超えた分だけを年間合計した値です。
この指数は、日本全国はもちろん外国の温度環境の比較にも便利で、たとえぼハイマツは、千島列島中ほどのシンシル島でほ海岸に、色丹島で標高二0Om、大雪山で一七〇〇m、本州中部山岳地帯では二五〇〇m以上に生育するが、いずれも温量指数15℃付近です。
ハイマツぱかりでなく、温帯は温量指数45〜80、暖温帯植物は80ー180、亜熱帯・熱帯植物は180以上と、分布城の温度特性の一端をよく表わすので便利なのです。
寒い所から暑い所まで.低い所から高い所までをひっくるめて温量指験だけで熱帯・亜熱帯林、暖温帯広葉樹林,冷温帯広葉樹林、亜寒帯針素樹林.寒帯(ツンドラ)と植生システムを区分しています。
作用し、さらに局所的な微気象、微地形、共存植物関係によって環境温度条件は変動します。
日本猫
さっそく寝ている猫を起こしてやってみたら、とても喜んでお気に入りです。
今の時期は、抜け毛も少し落ちついているようですが、それでも、満足いくぐらいとれました。

ペットショップで、今内側の毛もよく取れるのを
ビデオ流しているので、気になっていたのですが、
値段も1万円から、1万3千円で、自分のうちの猫で試せないし、、で、
高いぞ、、って思ってました。

うちでは、シャンプーブラシで、ブラッシングしてました。
ものすごく内側の毛が浮いてきて、その後細いので、もう一度浮いた毛をとってあげていたのですが、
これなら、高いのより、手軽に出来るし、(そのほうが、断然うれしいです)
私が2回やっていたのを、1回でできるようだし、

近所のねことか犬にもやってみようと、ちょっと楽しみにしています。

お役立ち  TOPへ戻る >  戻る

犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,