×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]
野良猫マッピーのホリディー♪ 長城丸

長城丸
長城丸
ストロンボカクタス属はメキシコ付近の大変小さなサボテンです。
実生して1cm程度で花を咲かせます。
柔らかな褐色の刺は捕食者を拒否するよりも地面に枯草の固まりのように見せる擬態と言えます。
或いは直射日光を避けるためのものかもしれません。

長城丸
長城丸
10cm位まで延びると下部では茎の萎縮が起こり、刺と刺とが密着した状態となり分岐して株立ちとなります。
実生40年経っても手のひらに隠れる程度の大きさです。



利用してみて効果には大変満足しています。
あと要望があるとすれば、男性が使用するには 手のサイズに比べてコームがやや小さいこと。
中型犬より大きい犬にももう少しコームが大きいほうが 使いやすいのでは?と感じました。
意図的に小さくしてあるようですがもう少し大きいほうが 余裕を持って使えそうです。

知人に教えたところ効果にびっくりして、こんなに取れると ハゲになるのではと心配していました。
ピラカンサは常緑樹で寒さにも強く園芸品も多い。
中国南西部から南欧の原産である。
垣根などでも利用される、ごく一般的な盆樹である。
実生樹も鳥の運んだ白生樹が、崖や山地に生えることがあり、半ば山採りのような素材も採取が可能である。
挿し木、取り木、実生が簡単な樹である。
このごく普通の素材であるピラカンサも、ボンサイ樹として見ると全く別の姿となる。
ありふれた盆樹であるが、なかなかに面白い素材なのである。
見どころのポイントとしては、第1に好樹が少ないこと。
つまり素材作りの穴場のひとつなのである。
園芸種も数多いが、ボンサイとしては赤実種、黄実種の2タイプが普通。
その他実生の変異や園芸種の利用もあり、葉の形(丸葉〜細葉)、つやなど変化も多い。
この他、タチバナモドキと呼ばれる野性味のある種も有望。
黄実のピラカンサが幹の荒れ方もよく、古木感が出るとされていた作品が可能で、さほどの差はない。
要は樹形や素材作りの第1歩である骨格で、良し悪しが決まると考えてよいだろう。
ここでは2タイプのピラカンサの素材の取り木を紹介していきたい。

お役立ち  TOPへ戻る >  戻る

犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,