×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]
子猫マッピーのホリディー♪ 花牡丹

花牡丹
牡丹類 アリオカルプス属 花牡丹
乾いた土のような色をして幅の広い三角な葉を重ねたように育ちます。
硬く渋さのなかに豪華さがあります。
岩ではなく花だと言われなければ区別が付かないほどです。
このタイプには似たものが多くあり、言いかえると品種が違っても良く似ているものが多くて生育場所で異なった形質を持つのかよく交雑するのか判別が付かないくらいです。

花牡丹
花牡丹は花が沢山咲くとか、花が綺麗だとか言う訳ではありません。
岩牡丹のような中で形を花に形容できたのだと思います。
花牡丹
花牡丹のツボミが出てきました。
ピンク色です。
花牡丹
花牡丹の ピンク色の花です。
花牡丹
花牡丹の ピンク色の花です。
濃いいろが、アガベ牡丹。
ビアデッドのほうは
オーバーコートをかきわけてアンダーのみ梳いてみたところ
ポヨポヨ毛が無理せず簡単に取れました。

大きさも丁度よいと思います。

当方の犬種はビアデッドコリーで面白いほど毛が取れてこのまま全ての毛が抜けてしまうのでは?と、思うほどです。
大変驚いています。

ピロコームですがステンレスのほうは複雑にもつれてしまった毛には、
先にスリッカーなどでといてからでないとピンが曲がってしまいました。

手に馴染む感じや、スーっと櫛が通った時の感じはとてもいいんです。
ベアデッドの毛は長いので、よほど上手にやらないとうまく使えないような気がしました。

自分の好む樹形、樹高を考えておくことが取り木の大切なところで。
ある。
場合によって小品ボンサイでは、足元の塊からでも優品は可能だ。
従って取り木後が大切。
珍盆樹や、人の作らない盆樹、素材の穴場的な盆樹も面白い。
優れた作品ができれば、必ずそれを参考にする人がでてくるものである。
取り木の技術的なポイントはイラストを見ていただきたい。
取り木は雑木・松柏類ともに可能。
目安として雑木は環状剥皮、松柏は針金を巻きつけて発根をうながすのが普通である。
取り木が難しいのは数10年にわたって接ぎ木で繁殖されてきた盆樹。
例えばモミジの清玄やシシガシラが著名である。
梅の園芸種も同様。
接ぎ木が原因で、取り木や挿し木の発根がよくないのかどうかはわからない。
例えば接ぎ木の唐カリンは取り木も挿し木も難しいが、実生カリンは両方とも容易なのである。
五葉松は、実生系の若樹が取り木が容易。
那須系の五葉松の取り木はよく知られている。
一方、古樹となった五葉松は難しいことが多い。
黒松も相当の太さの樹でも可能とされるが作例はごくまれである。
お役立ち  TOPへ戻る >  戻る

犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,