×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]
子猫マッピーのホリディー♪ 黒牡丹

黒牡丹
ロゼオカクタス属(牡丹類)黒牡丹
牡丹類はアリオカルプス属とロゼオカクタス属をまとめて言います。
小型で刺が無く砂漠の土に半ば埋もれて天辺だけ地表に出して生きています。
黒牡丹は天辺が平らになった黒色をしたサボテンで牡丹類の中でも小型な種類です。
培養土は土分のある柔らかいものを使います。
土より上の部分は小さくても土の中には太く瑞々しい根があります。
一般には光線を弱めにして栽培するようですが、自分の栽培環境に慣れれば強光線の方が丈夫に育ちます。
通常は弱めの光線で柔らかく栽培されていますので購入当年はそれなりに優しく扱わないと夏の強い陽・高温でいじけて枯れます。
それに慣れて成長するようになれば真夏の強い日差しの下で黒い富士砂に埋もれても平気になり根が太く深くしっかりとします。

黒牡丹
黒牡丹
秋には濃いピンクの花が成長点から咲いてきて大変美しいものです。
原産地では泥をかぶっていてこの花を見て始めてサボテンと気が付くのです。



黒牡丹
黒牡丹
ツボミが出てきました。
一回り大きくなっています。



黒牡丹
黒牡丹
ツボミが出てきました。
一回り大きくなっています。



ピロコーム〜〜
さっそくサクサクやってみましたー
いいっ! とってもいいよ〜〜サイコー♪
なにしろちっとも嫌がらないんだよ〜ううう(嬉し泣き〜)
五葉松の取り木は難しいことが多く、あまり一般的とはいえない。
これまで行われてきたのは、端祥や九重(やや発根しにくい)などの八房系五葉松の、作り替えなどに見られる程度である。
相当量作られた五葉松だが、黒松の台木で増殖された個体の取り木は相当に難しいらしく、ほとんど例を見ない。
例えば宮島五葉松は、あれほどの優良個体であり、p年以上も作り続けられた有名種でないほどである。
五葉松の古樹の取り木が全くダメということではないが、取り木素材 として考えられているのは実生樹の畑作りや、鉢作りの四国系五葉松の頭部の利用など、限られたものである。
畑作り五葉松では、20〜30年生の那須五葉松の上部の取り木が著名で、まれに行われる。
那須五葉松の小品〜中品の作品は時折見られ、五葉松は、浅間系(福島系かもしれない)の実生7年生程度の素材。
目的は足元すぐからの株立ち五葉の小品。
ありそうで作りにくい作品で、実生仕立てではどうしても立ち上がりが残る。
枝の分岐までのーp程度が(貝割れの立ち上がりの軸部分)最後まで残るわけである。
取り木によって、この足元の不要な直線を除去するのが目的である。

お役立ち  TOPへ戻る >  戻る

犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,