×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]
子猫マッピーのホリディー♪ 日輪玉

日輪玉
日輪玉
日輪玉は、多肉植物の中の球形メセン(玉形メセン)類に入るリトープスです。
多肉植物とは、体内に水分を蓄えて乾燥に耐えるような性質を持つものの総称であり植物分類上では全く異なる種族に分かれるものの集まりです。
原産地は世界中に分布し、日本にも産します。
その中の一つであるサボテンは植物学的に同一分類中に入り南北アメリカに産します。
球形メセン類は文字や言葉で表現し得ない美しさ・妖艶不可思議な形態をしめすことです。
自生地はすべて南アフリカに産します。
ナマカランド、カルロー、ブッシュマンランド、トランスバールの一面に渡って生育します。
極端に降雨が少なく夏乾冬湿で夏季は一滴の雨も無い年が多い。
過酷な乾燥に耐え、脱皮の時は古い葉の水分を新しい葉に移動させることによってなされます。
可憐な形・肉体的な色彩・動物的な習性を持っています。
先づ形態が意表を突いています。
色彩もわが国に無い色をしています。
成長も特殊な育ち方・変化をします。
球形メセン類の成長適温は人間が気持ち良く生活できる温度です。
夏に休眠状態で過ごし秋から春に成長します。
夏はあまり温度の上がらない場所で水を切って置くと良いでしょう。

球形メセン類と言えば先ず「リトープス」次に「コノフィツム」と数多く続きますがなんと言っても「リトープス」と「コノフィツム」です。
リトープス属には擬態・有窓組織・脱皮というサボテンでは味わえない魅力があります。
擬態とは自身を動物等の食害から保護するために周囲の石ころと同化したものです。
赤系・青系・白系の各リトープスはそれぞれの色形が周囲の小石と同一なのです。
原産地での採取が花期以外は困難であると言われています。
有窓組織とは荒涼たる南アフリカの砂漠地帯、灼熱の夏の乾燥に耐える手段です。
夏季に水を切っているとしわしわに縮んで砂に埋もれていきますが、地面からの高さが無いこの植物では風によって砂に埋もれることもあり、頂面が透明な窓になっていて天辺のみ砂上に出して日光を体内に取り入れ側面の葉緑体で光合成ができるようになっています。
砂漠で窓だけ出していることを見て「砂漠の哲学者」とも言いました。
彼らはこの窓のみ地表より出し沈黙の生活を太古より現在まで生存を保ち得た砂漠の華なのです。
脱皮とはリトープスは2枚の葉が合体して球形になったものですが、毎年新しい葉が成長して古い葉が枯れます。
新しい葉が2つ出れば2倍に成長しますが、一枚の場合は少し大きさが変わるだけでそれだけなのです。

多肉植物の中で球形メセン類は最も栽培困難なものです。
サボテンのように多肉の部分が茎であれば腐敗が入っても切りとって助けることができます。
球形メセン類は一対の葉と根だけなので部分的に助ける事は不可能なのです。
太陽の子と言われる通りリトープスの生育期は日射時間が多いほど良く、充分通風を計って温度を45℃以上には上げないほうが良いでしょう。
日当たりと通風の良いフレームは調子良く育ちます。
夏は風の通るオープンな所で乾かしておくとペッタンコに干からびても、秋になって涼しさと水で息を吹き返したように膨らんできます。
成長期でも週一回程度の潅水で充分です。
冬は乾かないので水は止めます。
冬から春に水をやり過ぎると水分取り過ぎで割れたり凍みたように腐ったりと良くありません。

とても使い易く下毛も良く取れて、うちの子もおとなしくしてくれてとても満足しています。
もっと早くピロコームを購入しとけばよかった。

前評判どおりの使い心地に大変満足しております。
これまではスリッカーブラシとラバーグローブを併用していました。
犬は嫌がる、飼い主は疲れ果てる、挙句取り切れない毛が室内を舞う...
これらが一挙に解決するなんて、夢のようです。

ところで、今度はピロコーム(やわらかめ)を猫に使ってみたいと思います。
ピラカンサのこれまでの小品ボンサイ作りは、挿し木や、まれだが実生苗を鉢で長く作り込むことが多い。
持ち込みによって風情の出る樹で、繊細な面も多く持つ好樹なのである。
素材作りのポイントとしては、鉢作 り(苗から)では、コケ順が意外に作 りにくい樹であること。
足元が細く、 上部の枝が集中するあたりで急に太 くなり、ゴツゴツする特徴がある。
例えば模様樹の樹形では、上部の枝基あたりが根元より太くなったりする。
何回か立て替え(芯を切り、枝をまた立てて作り直してコケ順を作ること)れば解消できるが、この切り口が巻きにくく、枝も直線的に伸び出して、扱いにくい盆樹ともいえるのである。
逆にいうと、この特徴を生かしながら、樹勢のある点を利用して取り木するのが面白い。
上部が太くなったような模様樹の頭部や、枝を取り木するわけである。
こうすると、ピラカンサで最もやっかいな樹作りがかなり省略できる。
つまり、全体の構成を気にしないで、上部を鉄で切り込み作りをしておく。
上部だけ形作りをして(徹底した鋏作り)その下で取り木してしまう。
取り木後は、多くの盆樹がよく太る。
根元付近も急速に太くなり、コケ順もよくなるのである。
ピラカンサは足元の単調さを取り去ったもの。
半懸崖樹で見るより、前後の奥行きのある曲付けである。
取り木後は足元が充実してくることが予想され、挿し木苗をそのまま苦労して作るより面白 い作品となるだろう。

お役立ち  TOPへ戻る >  戻る

犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,