×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]
子猫マッピーのホリディー♪ 王将

王将
コノフィツム 王将
球形メセンの栽培について

植え替えは8月末〜11月頃までが適当ですが、4月頃まで出来ます。
成長は9月から5月頃まで成長しますので、この時期には水を与えます。
また、肥料も与えますが、人によっては割合と肥料を食うと言います。
と言っても成長量は最大で年に2倍になる程度ですから草花とは基準が違います。
9月〜11月まではすぐに発根しますので根無しでも平気です。
9月〜11月までは開花しますので植え替えは早めが良いでしょう。
用土はあまりこだわる必要がありませんが、一般的には川砂を混ぜて排水を良くします。
1週間に1回程度の水遣りで風の通りの良い環境では畑の土が良いのですが、コツを掴むまでは排水を考えて砂交じりにして下さい。

植えつけは先ず根に付いている古土を全て取り去ります。
鉢は深めのものを使用します。
用土を落ち着かせ根際1cm程は荒いジャリなどを敷いてすぐに乾くようにします。

置き場としては温室やフレームがあると大変良いのですが、無ければ良く陽の当たる窓辺や縁側で雨が当たらない所に置きます。
メセンが好む環境は陽当たりが良く風通しが良く高温にならない所です。
雨の掛かる所は絶対にだめです。

使い心地は想像以上に快適です。
ウチにいるグローネンの男の子、柴の男の子共に、皮膚を傷つける事もなく簡単に、安全に余分な被毛を取る事ができました。
満足です。(^^)
ミツバチについて、一昨年から奇妙な報道があった。
主にアメリカでの出来事だが、なぜか働き蜂が巣に帰ってこない。
残されたのは女王と幼虫、結局巣は潰れてしまう。
かといって、どこかで大量の死体がまとまって見つかったわけでもない。
人によってはこれをイナイイナイ病と呼んだ。
「二〇〇七年の春までに、実に北半球のミツバチの四分の一.が失朦した」。
本書はそれがいったいどういう現象であるのか、しっかりと解説したものであるρとても興味深い、でも真剣に考えると、なんとも恐ろしい本である。
結論をまず述べておこう。
この「蜂群崩壊症候群」の原因は単一ではない。
最大の背景は工業化された農業である。
それがハチたちに強いストレスを与え、免疫抵抗性を弱め、ダニやウィルスに対する防御を弱めた。
そこに農薬の複合汚染が重なり、精密な社会生活を営むミツバチの巣全体の活動をいわぽアルツハイマー状態に陥れた。
病み疲れた働き蜂たちは、採餌に出た先で倒れ、巣には戻れず、おそらくただ死んでいった。
著者はミツバチの正常な生活からはじめて、ハチたちが農業という経済活動に組み込まれていったいきさつ、ハチにどのような病気が発見されたか、などについて、きちんと報告していく。
私はそれをほとんど「もう一つの人間社会」を見る思いで読んだ。
厳密な証明と単一の原因を要求する現代の読者は、ひょっとすると不満を感じるかもしれない。
でも生きものが関係するシステムが起こす病的な現象で、単一の原因を提示する人がいたら、むしろそのほうが信用できない弓私はあえてそういいたい。
糖尿病も統合失調症も、 「原因は一つ」ではない。
この現象はアメリカでとくに問題になった。

お役立ち  TOPへ戻る >  戻る

犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,