×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]
子猫マッピーのホリディー♪ 大観玉

大観玉
リトープス類 大観玉
原産地は南アフリカの半砂漠に広く分布しています。
数百種類に及びます。
小さな石ころのような身体より美しい花を咲かせますので、「生きた宝石」と呼ばれています。
栽培は容易です。(性格・コツを一寸覚えて下さい)
小型種なので小さな場所で多くの種類を集めることも出来ます。
水やりは1週間に1回で充分です。

ステンレス製のピロコーム、多少の毛切れや引っかかり感を伴いますが、しっかりと アンダーコートを回収しながら、かつ解きほぐしながらグルーミングが出来て助かっ てます。
以前まで使っていた市販の毛玉取り→毛カキ→ピンブラシの行程が、ピロコームだけ で出来るし後片付けも毛が飛び散りにくい分、大助かりです。

ブロンズ製のピロコーム、こちらだと毛切れや引っかかり感が無く金属の特性の違い だけで、こうも違うものかと感心しました。
まるでピンブラシ→スリッカーブラシ→コームの行程をしている様な感覚を実感して います。

ピンのしなり具合等で、現在使い分けながらのグルーミングをしていますが、どちら も用途に合わせて大変便利で重宝しています。

これまでのグルーミング用に揃えてきた物が、二種類のピロコームだけで解決してし まいました。

機能・効率・大きさ・価格・メンテナンス・後片付け等を考えると、革新的で大変満 足して使わせて頂いてます。

ピンの形も使ってみて、なるほどっと感心しました。
?マークの先端形状、ピンのしなりを考えての長さ・太さ、ピンの間隔、ピン先の角 無し加工、全体の大きさ、ピンの素材による違いも本当に良く考えられていて、紹介 して頂いた方にも作られた方にも感謝しています。

説明書やHPの通りの効果と効率の高さに、正直、作り手の気持ちが伝わってきて、 嬉しくも感じました。
ピロコームの仕上がりや加工も、丁寧な物で質実剛健、虚栄的な部分が無い点、サイ ズも使い手使われる側の事を大切に考えて作られてるなぁと感激してしまいました。
苗の入手方法 ほとんどボンサイとして栽培されていないので、古い庭木や垣根から素材を求めます。
使用する部分は権70から下の根ですから、株を抜く際には根を傷めないように、大きく掘り取って下さい。
掘り 取る株は、できるだけ古株を選んだ方が根も太く て模様も複雑ですから、面白い樹形のボンサイができ ます。
また、古株一つあれば5本くらいの根伏せ 用の伏せ穂が得られます。
根伏せの適期は早春か ら4月いっぱいくらいですから、この期間に素材 を掘り取ってきます。
根伏せの仕方は根伏せの作り方 掘り取った株の地上部は切り捨て、株の根土を全部落とします。
その際に根肌を傷めないことが大切なので、水道の圧力を利用してホースの先を指でつまみ、根洗いするのが一番です。
根洗いがすんだら根伏せ用の根穂作りに移ります。
板は古株ほど絡みあっているので、傷めぬようほぐし、20〜30pくらいの長さに切り詰めます。
できるだけ面白い模様になるように剪定することが好樹につながるので、この作楽は慎重に行います。
なお、挿し根の頭の切り口から水分が蒸発しないように、癒合剤を塗っておくと、発芽しやすくなります。
揮し穂根ができたら乾燥を防ぐために水に浸けておきます。
根伏せ用の床 伏せ根の数にもよりますが、数が多い場合は、深さ30pほどの木箱か発泡スチロールのトロ箱を使用します。
少ない場合は4号の仕立て鉢(駄温鉢)に一本一本植え込みます。
棋伏せ用培養土は根が多少細かく、湿気をやや好む性質があるので、保水性のある培養土がよいです。
ただし排水性もあることが大切です。

TOPへ戻る >  戻る

お役立ち  TOPへ戻る >  戻る

犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,