×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]
子猫マッピーのホリディー♪ 大典

大典
コノフィツム類 大典
球形メセンの中のコノフィツム類はリトープスと並び特別な性質を持っています。
一対の葉が合体して天辺に花の出る切れ目が有るだけで丸い形をしています。
種によってはこの大典のような鞍型のタイプや天辺をつぶしたような形などがあります。
色は緑・白・茶・赤といった保護色をしています。
春から夏に掛けて新しい葉に変わりますが、古い葉から覗き出すことは出来ません。
南アフリカの砂漠では古い葉の水分を新葉へ移動させ新葉が旧葉の中で育つに従って旧葉が干からびて行きます。
そして枯れた旧葉の中の新葉が乾いた夏を過ごします。
秋に降雨によって旧葉の殻を破り新葉が出てきて花を咲かせます。
また、分岐していれば水分を取り込んで2倍の大きさに成長するのです。

大典
大典





ピローコームの取れっぷりはすごいです。
サクサク、おもしろいように抜けますね。
うちのワンコもだいぶすっきりとして、「あら、やせたね?」と周りの人から言われるほどです。
とくに、オシリ周りのもさ毛が、だいぶ取れました。
今までは、からみやすいし、ワンコもそこは嫌がっていたので放っておいたのですが、 そこを集中的にピロコームしたらたっぷり取れました。

もともとブラッシングが嫌いなんですが、やわらかめの方は、無事クリア!!すご い。
かためは、ちょっと逃げ逃げでした。
でも、すーっとブラシが通るようになると、うっとり眼になってきて、なんと寝てし まいました。
本当に噂通りのすごさです!
コウチョウギは申国・台湾・インドシナ半島に白生する亜熱帯産の常緑性低木で、高さはーm内外の盆樹です。
耐寒性にも富んでいるため、日本でも栽培が可能で、庭木や垣根樹木として関東以西では多く栽培されています。
したがって、本格ボンサイとしては、あまりにも多く栽培されているためか、返り見られぬ樹木ですが、性質がいたって丈夫で作りやすい盆樹ですから、初心者には木作りの練習用としてうってつけの樹です。
中国や台湾では「六月雪」と称し、庭木はもちろんのことボンサイ樹木としても重要視され、かなりの量が栽培されており、欧米諸国に数多く輸出されているほどです。
ボンサイ界では「紫丁木しと呼ぶ人もいますが、姿形はハクチョウゲと酷似していますが別属で、こちらは三重県や和歌山県・兵庫県・高知県などの川岸の岩肌に自生しているので、この盆樹と勘違いされているのでしょう。
いずれにしても酷似している両種ですから、同4栽培管理が可能です。
ボンサイ趣味者にとっては栽培が簡単すぎるので、ちょっと変わった根伏せ作りをすれば、風変わった酒落たボンサイが楽しめるので、作ってみてはいかがでしょうか。

お役立ち  TOPへ戻る >  戻る

犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,