×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

人と野良猫とは、野良猫を我慢できないイヌの愛好者がいるし、野良猫好きで、とくにご婦人かそうだ。
イヌはどうも鬼門だという人もいる。
私の考えでは、どちらに属する人も料簡が狭い。
実際に私は、あらゆる動物のうち最も人間に近いところにいるこの二つの生き物を等しく好きだというときには、それこそ動物に対する本当の愛情と理解の証拠だと考えている。
心からの自然の愛好者にとって、その熱意と尊敬を最高に掻き立てる生き物の世界の特質は、生物が繰り広げるつきることのない多様さや、自然がつくりだす基本的には異質だがなお完全に調和したさまざまなあらわれ方である。
人間の心理学の立場からは、動物の愛好者たちか動物にたいする行動において、どれほど様々であるか、どれほど聡明であるかをみることは興味深い。
彼らは、純粋にそれ自体を目的にしようと、あるいは科学的研究を目的にしようと、すべての者が動物をよりよく理解したいと望んでいる。
多くの自然観察者は、動物にたいして可能なかぎり影響をあたえないことを願っている。
彼らは、故意にその動物と個人的に接触することを避け、うまく囲われた隠れ場から観察する野外の鳥類学者のように振る舞う。
彼らの仕事の成果は、観察中の動物に彼らがいることを気づかれないということにかかっているので、それに応じた行動をとる。
これの反対の極は、動物との間にもっと親密な社会的関係を結ぶ人びとに代表される。
彼らは、その動物から同じ種に属するメンバーとして遇される。
彼らは、その動物から同じ種に属するメンバーとして遇されその結果、まったく違ったやり方でその種の動物たちの心の奥深いところに浸透するこの二つの方法はどちらも正当化されるしどちらにも利点と欠点があり、それぞれに考えられるかぎりでの変化と組合せ可能この二つの方法のどちらを採用すべきかは観察者にのみょるのではなく、観察される種にもよる。
動物の知的水準が高ければ高いほど、またその性質か社会的であればあるほど、それを本当に理解しようとするならば個体との個別的な接触の必要性は増す。
かつてその精神的な資質を評価することはできないし、社会的に生きる動物にも適用される。
野良猫となると事情はいささか異なる。
私の知り合いでもっとも熱心なイヌの愛好者は同時にイヌの最良の鑑定者でもあるか、同じことは野良猫の愛好者にはいえない。
野良猫の心性は微妙で、野生のままである。
それは、動物にたいして愛情を無理やりに押しつけるようなタイプの人には、容易に開かれない、この点でもイヌはもっと従順だ。
動物の飼い主が、保護の対象にたいして自分の愛を何処まで差し控える事かできるかは、飼い主の動物と自然についての正しい知識と理解を示すよいテストである。
野良猫は、社会的に生きる動物ではない。
イヌは人の世話や「甘やかし」を非常に感謝してうけ入れるか、野良猫の性格には子どもっぽさはまったくない。
野良猫は人を頼りにしない野生の小さなヒョウであり、またそうありつづける。
ところが、多くの熱烈な野良猫愛好者たちは、独立にたいする野良猫の希求をまるで理解していない。
大きいイヌを都会の小さい家で飼うのは残酷だという間違った主張を再三耳にするか、同じことか野良猫について言われたのを、私は決して聞いたことかない。
実際には、都会の小さい家は、散歩や用足さかも減ずるものではない。
しばしぼっづけて何日も家を空けるような、明白に野生的であり、ひとり勝手な暮らしをしているにもかかわらず、私の極めて気難しくて男らしい猫は、同時に、私かかつて知ったうちでももっとも愛情の細やかな奴だった。
じゃれたり、食物をねだったり、あるいは誰かのひざにのって撫でられたりするのは、動物の心に真の愛情かあることを示すものではないし、なかんずく野良猫の場合はそうだ。
動物か、特定の人間と一緒にいることを些かなりとも重んじて居るかどうかは、次のやり方で分かる。
すなわち、その動物をつれて外に出て、自分と一緒にいるか、それとも好き勝手な方向へ行ってしまうかを彼の意志の決定に委ねる事である。
私か自分で手塩にかけた二匹の若い野良猫は大人になってからも戸外で私をうけ入れた。
どちらも、大人の野良猫が本当の愛情を現すやり方の、唇を丸めてだす、奇妙な「フ・・・・・」という声で私を歓迎し、どちらも近所の森への長い散歩に私についてきた。
そのような遠出のおりには、もちろん野良猫がひとりのときに選ぶような道を通る配慮をしてやらなければならない。
通りすがりのイヌの餌食にされるかもしれぬような、木や隠れ場所のない広い空間を横切らせることはできないし、こんもり茂った下生えの下をはって歩く覚悟をしなければならず、さらに野良猫の歩行のペースに合わせなければならない。
最初のうち私は、この肉体的に好条件に恵まれ、みごとな訓練を身につけた筋肉質の動物か、まったくすぐに疲れて遅れることに驚かされた。
野良猫がイヌのように、口からだらりと舌をたらしてあえいでいるのをみたことかあるだろうか? たいていの人間にとってはまったく馴染みのない光景である。
健康で活力もある十分に成長した野良猫でも、散歩する人間のゆっくりしたペースに、たった三十分でも、疲れの色を見せずについてくることはできない。
したがって野良猫といっしょに散歩するときには、そのようなことをあまり強いてはいけない。
さもないと野良猫は時期についてくるのを諦めてしまう。
しかし、道の選択や歩行のペースで野良猫の友人と折り合えれば、非常に興味深い観察の機会に恵まれる。
とくに、野良猫を先に歩かせ、はだしで、出すぎることなく、静かに黙ってついていくときかそうだ。
野良猫がどれほど多くのものを見、聞き、嗅ぐかは、それと一緒で無かったら決して気づくことはない。
その歩行のなんと注意深く、一足ごとに突然の戦闘にかいする構えを備えていることか。
残念なことに、その戦いぶりにはあまりお目にかかれない。
暗くならないと戦いは始まらないからだ。
私はたくさんの野良猫、それもとくに雌野良猫を飼ってきた。
彼女たちは、家のなかでは私の二匹の雄野良猫よりも人なつこかったか、たまたま戸外で出会ったときには、どれもが私を一顧だにしなかった。
彼女らはあっさり私を「無視」し、唇の音で迎えてくれることは決してなかった。
事実、どれほどさりげなくしても、私か彼女らの仲間入りをしようとすると、明らかに疎ましく、煩わしい様子を示すのであった。
このことは、多産な妻、プシイの行動にみられる非常に顕著な対照であった。
野生動物やそして野良猫は野生の動物であるは、もっとも信頼している人間にさえも、自然の条件のもとでは、自分の種に属するメンバーにたいする以上に強い友情をあたえない。
成熟した雄野良猫が、自然の環境のもとで人間を仲間としてうけ入れる事実から、家に買われている猫もその野生の先祖も、一般に考えられているような世捨て人ではない、と私は考えるようになった。
私自身の経験から判断して、雄野良猫は雌野良猫よりも人間的な友情を結びやすい。
もっとも、私の母は、かつて野良猫を飼っていたか、そのどちらも森を長いこと散歩する私の母についていったものだが。
都会の小さい部屋で野良猫を飼うのをあきらめさせようとすることは、まったく私の本意ではない。
都市生活では自然と接触する機会か少ないか、美しい、自然のままの野良猫は町の通りに幾分なりとも自然をもたらす。
もっとも、野良猫を自由にして置かなければその十分な魅力は認められない、と私は申しあげたい。
野良猫についての楽しい思い出と言えば私は、雄野良猫と連れだっての静かな森の散歩を思い出す。
さらに、野良猫に自然のままに生きるようにさせ、野良猫自身の自然な状態のなかで野良猫に接するようにして、野良猫のあの身振りにはみせない真実の愛情を得るのが最も良いという事を、私は申しあげたい。
それと同時に、その内面の要求をこのようなやり方で尊重してやった動物は、小さな猛獣としてつねにふりかかるあらゆる危険にさらされているという事実をうけ入れなければならない。
私の野良猫はどれも天寿を全うしなかった。
ト前肢を罠にかかり、敗血症で死んだ。
その次は狩猟熱の犠牲となった。
彼は近在の農家から七匹の飼いウサギを盗み、最後に盗みの現場を押さえられてその場で殺された。
しかし、平和な死をめったに迎えることかできないのは、ワシ、ライオソ、トラなどの運命である。
そして、これは私か愛した、近づきかたく屈服しない野生の動物、野良猫の本質でもあった。
奇妙なことに、このことは、まさに野良猫がなぜあれほど「家庭的」なのかの理由でもある。
というのは、その仕事を外にもつ者のみが、家に帰って「寛ぐ」ことかできるからである。
そして、炉ばたで喉をごろごろ鳴らしている野良猫は、私にとっては家庭で寛ぐことの象徴であった。
それは彼が私の囚人ではなく、たまたま同じ家に住むことになった、私とほとんど同等の資格をもつ独立の存在だからである。
ペット(犬と猫とうさぎ)の抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb ピロコーム開発 近所の犬と開発したよ, 日本猫 ピロコーム, となりの猫たち 世界の猫たち ピロコーム, ウエルシュ・コーギー・ペンブローク ピロコーム, ダックスフンド(ミニチュア・ダックス) ピロコーム, 柴犬 ピロコーム, ポメラニアン 小型スピッツ ピロコーム, チワワ ピロコーム, 日本スピッツ, グレート・ピレニーズ, ニューファウンドランド, シー・ズー ペキニーズ チベタン・スパニエル, サモエド, シェットランド・シープ・ドック, ゴールデン・レトリーバー あらいぐま ヤギ, シベリアン・ハスキー, ビアデッドコリーの家族たち, ボーダーコリー, アフガン・ハウンド, 犬の基本的性格, ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,
父は息子と飼い犬の反応を待とうともせず、月明かりに照らされた小道を歩きだした。
どこへ行くのか息子と飼い犬には見当もつかなかったが、わくわくしながらついていった。
何を考えるでもなく、ただできるだけ静かにしていようと努力した。
息子と飼い犬は空腹だった。
これでは考えごとなどできやしない。
もう何時間も食事をしていないことを、父に言うべきかと息子と飼い犬は迷った。
しかし父の機嫌を損ねるのを恐れて、何も言わなかった。
また遥か頭上の枝にでも舞い上がられてはかなわない、と思ったのだ。
ピングはおとなしく、父についていった。
しかしあまりの空腹に頭痛がしてきそうで、ハエでもねずみでも何か腹の足しになる虫はいないかと、ついついよそ見をしてしまう。
 とうとう息子と飼い犬は、どこへ向かっているのか父に聞いたが、父は無言だった。
そこで息子と飼い犬は、せめて目的地についたら説明してくれるように頼んでみた。
すると父は言った。
「しかたがない。
そぞろ歩きは、考え事をするにはもってこいなのだがな」「すみません。
どうも集中できなくて」父は渋い顔をして言った。
「詫びなどどうでもよい。
自分の思考に意識を集中させるのだ。
身のまわりのすべてを忘れ、じっくり時間をかけて心を静めなさい。
内なる自分に触れるのだ。
言葉を超えたところ、固定観念や独断を超えたところに、真の境地が開けてくる。
そこでは心の本当の声が聞こえる。
そして、矛盾に満ちた雑念の数々は消え去るはずだ。
やがて、真の心の旅とは何か、気づくだろう。
それは心が本来のあり方を取り戻す旅だ」父は根がよじれた切り株のところで立ち止まり、そっと目を閉じた。
「耳を澄ましてごらん。
心の奥底の声が聞こえるかね?・ もし聞こえなければ、心のもっと深いところを探りなさい。
きっと聞こえるはずだ。
その声の力を受けいれ、その無限の可能性を信じるのだ。
心の呼び声が聞こえたなら、その導きに従いなさい。
心の奥底から響いてくる声は、進むべき方向を明かしてくれるに違いない」 息子と飼い犬も目を閉じ、集中しようとしてみた。
だがそう簡単にはいかなかった。
「まだ気が散っているようだな」父が見抜いた。
「空になるのだ。
つまらない知性に惑わされてはならない。
自分を空にして初めて、人生の豊かな可能性で満たすこともできる。
どんな容器でも、空だからこそ満たすことができる。
自分を空にすれば、すべての出発点である『初心』に目覚めることができるはずだ。
まずは、目の前のことに意識を集中する訓練をすることだな。
初めはかなり苦労するだろう。
だがどんなことでも、鍛えるほど楽になるものだ。
今やっていることに集中するのだ。
そうすれば宇宙との一体感を感じ、宇宙の豊穣なる恵みを享受することもできるだろう」息子と飼い犬は感心して父を見つめた。
背を伸ばし、静寂に身を任せて、息子と飼い犬は再び意識を集中してみた。
深く、乱れることのない集中力を求めて。
闇の中でこそ真の自己に目覚めることができると、父が指摘した。
そこで息子と飼い犬は目を閉じ、闇の中に沈んでいった。
心を探るといっても、自分の精神や感情もしっかり見つめなければならないと、息子と飼い犬は思った。
なぜかすぐに頭の中をさまざまな考えが駆けめぐり、ピングはため息をつくしかなかった。
まだまだ訓練が必要なのだ。
一方、父は平然としていた。
導き手があたふたしてもどうにもならない。
心の最も深いところに宿る大宇宙の智慧に目覚めるのは、導かれているピング白身なのだ。
指導するだけでなく、励まし、忍耐強く見守ることも導き手の仕事だと、父はわきまえていたのだ。
こうして、息子と飼い犬の訓練が始まった。
何週間もかけて、父はさまざまなことを息子と飼い犬に教えた。
父はまず、リスクを負う勇気について教えた。
リスクを冒さない限り、すばらしい発見とは出会えない。
リスクを乗り越えて初めて、可能性が現実に変わる。
しかし単に向こう見ずで大胆なだけでは、失敗するのが落ちだ。
よく先を読み、計画を立てた上でリスクを冒してこそ、成功のチャンスは広がる。
父は言った。
「リスクをしっかり見極めれば、もうそのリスクは半分乗り越えられたも同然だ。
まずどんなリスクがあるかを明確にすること。
具体的に何かどう危険かをはっきりさせるのだ。
そしてそのリスクを乗り越える上で、どんな障害や困難があるかを見極める。
そうしてこそ成功することができる。
思いもよらない事態にも、備えておく必要がある。
最悪のケースも想定すべきだ。
その場合の代替手段も決めておかねばならない。
要するに『跳ぶ前に見ろ!』-備えあれば憂いなしだ」息子と飼い犬は父の教えを心して聞き、一言一句を頭にたたき込んだ。
特にはっとしたのはこんな言葉だったI「リスクを負おうとしないことこそ、最大のリスクだ」。
父は説明した。
何かを犠牲にする覚悟がなければ、何も得られない。
だが、この成功への道を歩もうとする者は少ない。
「可能性を追い求めるのだ。
行動して失敗しても取り返しはつく。
だが行動を起こさなければ、魂が闇に閉ざされてしまうだけだ。
行動して失敗をするのと、行動せずみすみす成功を逃すのとでは、どちらがよいと思うかね?・ 何もしなかったことを悔やむ方が、ずっとつらいはずだ。
再び言おう行動しなければ、真の自分を見出すことはできない」 それから息子と飼い犬は、次から次へと父に熱心に疑問をぶつけた。
父はそのひとつひとつに、ていねいに答えた。
そして、リスクこそ自己変革のきっかけとなること、今いるこの場所から目指す場所へと導いてくれるものであることを、息子と飼い犬に説いた。
成長すること、それはリスクを冒して乗り越えていくことだ。
リスクを冒すことから逃げていたら、みすからの運命を切り開くことはできない。
そう父は教えた。
最後に父は、あらゆる角度からリスクを分析することが大切だと指摘した。
そして言った。
「どんなアングルからリスクに迫り、乗り越えていくべきか?それはトライ アングル 挑戦という観点だ」
All Pretty Tails Philocomb Classy Cat & Dog Dishes Philocomb 輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル  犬猫好きのトイ・プードル  家族のような柴犬・ビーグル  猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー  我輩は猫王メインクーン  パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー  メタボ近しミニチュア・ダックスフンド  ペット抜け毛取りブラシ選び  スキップ大好きチワワ  マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア  力を抜いたラグドール  ペット好きのパピヨン  野良猫日本猫  うさぎ  誇り高きライオン シー・ズー  踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  野良黒 ミニチュア・シュナウザー  日本のネコに野生猫  水着が欲しいラブラドール・レトリーバー  世界のネコ  Land1 花  Land2 花ランド 
息子と飼い犬はよく理解し、次のように誓った。
どんな困難に出会おうとも、リスクを負い、逃げずにベスト を尽くすこと。
リスクを冒すことに伴う問題を慎重に検討し、リスクを回避することとどちらがよいか、判断すること。
つまり、賢明にリスクを冒すことを常に肝に銘じておくこと。
リスクを負うことを恐れない自信を育てること。
ます小さなリスクから取り組み、次第に大きなリスクにも挑めるだけの 自信を身につけていくこと。
そして息子と飼い犬は父に言った。
「あなたは天才だ。
決してしくじらないよう、誓いますよ」 すると父はぴしゃりと言った。
「いや、おまえは必ずしくじる。
思いも及ばないほど無惨に、しかも何度も何度も。
しくじるたびに耐えがたい苦痛に打ちひしがれ、あっさりあきらめたくなるだろう。
失敗とはそういうものだ。
しかし失敗がどれほどつらく、やる気を失わせるものであっても、もっと悲劇的なことがある。
それは失敗を経験せずにいることだ。
失敗を味わったことがない者は、成功したいという熱意を燃やすこともないだろう。
失敗は、自然が与えてくれる最良の教師だ。
雨が生きとし生けるものの恵みとなるように、失敗は、私たちの心の糧となる。
失敗からこそ、真実を知り、智慧を身につけることができる。
失敗から学んで、初めて成長できるのだ。
失敗しても、よい勉強をしたと思うようにすべきだ。
失敗したからといって、自分が欲するもの、自分が望むものをあきらめないこと。
よりよく生きる生き方を、捨ててしまわないことだ。
それだけは覚えておいてほしい。
失敗に屈するか、失敗を乗り越えるか。
残念ながら、それは自分次第だとしか言いようがない」 「ぼくは簡単にはあきらめませんよ」息子と飼い犬は言った。
「まあ見てみるとしよう」  父は、静かにひとり言のようにつぶやいた。

[戻る]